ネズミ・ハクビシン駆除の保証って?

どーも、ヤナギの芽です

恵方巻きに豆まきの節分になりました

節分は一つの節目なので弊社も駆除のあり方を

見つめ直そうかと思っております


駆除内容については毎日の施工の中で何がお客様にとって良いのか

また、個々でことなる被害や建物に対して、どんなサービスが最良か

などを常々考えておりますので、これを変えることはしません

もっと上手に安心で分かりやすく、なるべく安くをモットーに

より良く進化させていきたいと創業より邁進してきました

この流れは止めるわけにはいきません


しかし、駆除後の保証年数が大型害獣の場合は2年

ネズミは半年、シロアリは5年のままで今に至っているんです


この保証とは駆除をしたあと、そこから半年~5年間で駆除対象動物が

対象建物に新たに入り込んでしまった場合、無償で駆除をやり直すお約束です

この保証をお客様に使わせないことを前提に駆除施工に励んできました


1回の施工でビシッと決める、2度も3度も我々を呼ぶ必要が無い

これがプロとして当然の駆除施工であると自負しております


この保証を使われるお客様はハクビシンなどの大型害獣の場合

年間で見ると弊社では1%未満、100件中、1件未満です

ネズミは多くなりますが8~10%

シロアリは1%くらいです

この差は対象害虫獣の「性質の差」といえます


シロアリは駆除の内容から説明しますと、薬剤を

床下の木部と土壌(またはコンクリート)に吹き付けたり

穴を穿って内部に注入・浸潤させることで殺虫し、

駆除後に5年間の保証をつけます

この薬剤の効能が5年程度で切れるので

保証が5年で無くなる訳です

シロアリの発生条件は食べ物である木があること

日光に弱いので日が当たらないところ

乾燥に弱いので風が当たらないところ

適度に湿った土壌に巣くうので湿気があるジメジメしたところ

これをまとめると建物の床下なんですね


ですから、床下に薬剤を撒きます

再発するお宅の大半は床下が低く、通風が悪くて湿気が多いお宅です

そして築年数がかなり経っているお宅です

弊社でシロアリの保証をお使いになるお客様のお宅は

大体上記の内容がピッタリ当てはまります

これを根本から解決するのは大がかりな大工工事が必要になります

逆に湿気がなく、乾燥した高い床下で通風があり、コンクリートで土壌が

覆われているお宅ではシロアリ駆除を何十年もしていなくても

シロアリ被害が全くないお宅も多いんですよ

シロアリの被害があって駆除が必要なお宅は

構造からしてシロアリが出やすい訳です

けれど、一度弊社でできると言った以上はきっちり保証します

保証内で何度も薬剤散布をして、5年以上再発を

させてない築50年以上のお宅もありますので

これから弊社をご利用くださるお客様は

どうかご安心ください


次に一番再発率の高いネズミです

これはネズミの総合身体能力の高さのゆえと申しましょうか・・・

賢い、俊敏、警戒心が高い、ものを囓る、etc・・・

とにかく質が悪い

調査の段階で、完全駆除が無理と判断せざるを得ない建物の構造だと

駆除をお断りすることもあります

何とか駆除できると判断した場合も油断禁物

駆除を行うのに弊社の場合は最大3ヶ月の時間を掛け、

徹底的に捕獲し、徹底的に侵入口を遮断し、何度も侵入口の

見落としが無いか繰り返し調査をしながら駆除をします

駆除中はほぼ100%に近いほど成果が出るのですが

駆除後の再発が多いのがネズミの特徴

ネズミの侵入出来うる隙間は最小2,5cmで

500円玉一枚の大きさで侵入可能です

しかもネズミは材木やプラスチック、薄手のトタンなどなら

囓って穴を開けることが出来る

そして、一匹のつがいから何十匹にもすぐに増える

このことがネズミの駆除を最も難しくさせている原因です

木造の建物なんかは囓り開けられて再侵入してくるとか

築年数が経っているお宅なんかはチョコッと壊れた

小さな外壁の隙間から入ってくるもんですから質が悪い

これでもかと駆除をして止めたお宅で再発することも多々あります

こういった場合は弊社の全勢力を傾け再駆除を行います

とにかく調査を繰り返し、怪しいならすぐに施工する

この精神で保証を行っていきます


最後になりましたがハクビシン・アライグマなどの大型害獣です

これはまず再発しません

追い出しか捕獲後に穴を遮断する

この作業をネズミの駆除と比べると、もの凄く楽なんです

姿が大型だけに侵入経路はネズミのそれとちがい大きいわけです

ですから、見落としが少なく分かりやすい

しかも、自分で侵入口を囓り開けることはしません

アライグマは力が強いので爪で弱っている外壁や屋根の隙間を

壊すこともありますが、先々に補強をしておけば大丈夫です

出産も年に2回ほど

生まれたら子供は泣くので巣の特定も出来ます

ようはネズミ駆除ができるなら、大型害獣は駆除可能なんです

たしかに駆除のコツや資格なんかは必要ですが、ネズミに比べたら簡単

こう言い切れます

ただ、大型害獣は駆除後の残し物がひどい

糞を山盛り残したり、天井裏の断熱材にオシッコしたり

そちらの処理のほうが大変ですね

ですので、ネズミに比べて保証を2年間に伸ばしております


と、長々と弊社の保証内容のことに書いてきましたが、

これを今後は長くしようかと考えております


最近、同業他社のホームページを見ると

最長ネズミ5年・ハクビシン10年の保証!!

などと書かれているのをよく目にします


最初は「はっ?、無理だろう?」っと

思っておりましたが、出来なくも無いなと

思い直しております


保証内容などについては弊社の保証書に

詳しく書かせていただいておりますが

保証期間内であっても保証致しかねる場合があります

良い機会なので、ここで書かせていただきたいと思います


思わぬ災害、駆除施工該当部の建て増しや改築などを行うことで

新たに侵入口が出来て再侵入が起きた場合は保証での対応は致しかねる

また、雨漏りや外壁・屋根の腐りや破損、その他保守管理の状況が悪く

それが原因だった場合も保証の範囲外です

建物の所有権が他者に移った場合や

保証書を破棄された場合も保証外


上記に該当しない場合は最長10年という保証も出せると思います


同業他社もほぼ同じ内容の保証です

簡単にいうと、

地震・台風・火事で出来た穴から入ったら×

大工さんなど、弊社以外の施工業者が家を直したときなどに

作ってしまった穴から入ったら×

あまりにも手入れがされていないボロボロの古い家で、

弊社の指摘箇所を直す意思がないのは×

保証書を無くしたら×

建物を売ったりしたら×

以上です

これ以外ならしっかり大型害獣10年保証をさせていただきます


ただ、ネズミはどう考えても難しい

軽微な被害で建物が新しい場合は5年保証したいと思います

シロアリは変わらず5年保証

これは薬剤が進化することで変わることもあるかもしれませんが、

現状の薬剤対応年数が延びないと難しいです


上記に該当せずとも、我々の判断で保証できないと思うなら

無料調査時にお客様が納得されるまでできない理由を

分かりやすく丁寧にお伝えをさせていただきます

また、保証が明らかに出来かねる複雑怪奇な古民家や

ボロボロで管理が行き届いてない建物の場合でも

我々と共に建築業者さんの補修修繕を行う事を前提に

保証をさせていただくことは可能です

これは施工金額が大きくなってしまう恐れがありますので、

あくまで一つのケースとして考えております


条件付きではありますが、

我々も大型害獣10年、ネズミ5年、シロアリ5年の保証を

これからはしていきたいと思っております

近々、ホームページをそう変える予定でいます


いままでにお世話になったお客様には

その際に出させていただいた保証年数で

ご対応させて頂きますので、ご了承くださいますようお願いします

また、保証が切れたとして、再発があった場合も

初回施工より格段に安く再施工するのが弊社のモットーです

保証切れのお客様がお困りの際に再度ご愛顧頂けるよう

営利努力させていただきます





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

株式会社ネオ リンク
株式会社ネオ

ハクビシン・アライグマ・ネズミなどの害獣駆除に自信あり!
徹底駆除ならネオにお任せ!

プロフィール

Author:やなぎの芽
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR