遭遇するとのこと

どーも、ヤナギの芽です。


先日、静岡県・三島市で民家にサルが出没し、

20人以上の方がかまれたり、引っ掻かれたりして

怪我をされたというニュースがありました。


「おっかないなー」

っと、ほぼ他人事のようにこのニュースを見ていました。


しかし昨日、とあるTV局の報道番組制作会社からTELがあり、

三島市のような害獣による人への直接的被害が

全国でも多くなってきていることを受け、ニュースの特番で

害獣特集を組むとのことを説明され、

「もしも、害獣に近距離で出くわしてしまったら、どうすればよいのか!?」

という質問の回答を聞かれました。


さる、いのしし、くまは猟友会などに聞いて、回答を得たらしいのですが、

アライグマについては回答が得られなかったようで

弊社に連絡したとのことです。


いろいろご質問にお答えした結果、

ファイナルアンサーは、

「刺激せず、アライグマを視界にとらえながら、ユックリと離れる」

となりました。


でも、よくよく考えたら、いきなり出てきた見慣れぬ動物に対し、

落ち着いた行動をとるのは、すごく難しいのかもしれません。


私らは、常日頃からアライグマやハクビシン、ネズミなどと対峙する

場面があるので、近くに出没しても割かし冷静でいられます。


でも、天井裏の狭い所で身動きの取れない状況下、

目の前に大きなアライグマがいた時なんかは、

正直、パニックを起こします。


叫び、暴れながら天井裏から転げるように逃げ出した時もありました。

そうです。「刺激せず、冷静に」できていません。

やはり、とっさの対応はこんなもんなんでしょうね。


アライグマは鋭い爪があるので、引っ掻かれたら相当痛いらしいです。

幸い、私や社員が怪我したことはありませんが、彼らの生活圏で

巣を片付けたり、消毒したり作業をしているのですから

常に攻撃を受ける危険があることは確かです。


いまやハクビシン・アライグマは

どこでも見かけることのできる野生動物です。


もしも、出くわしたなら、

そっと距離を取り、刺激をしないでやり過ごすことを

お勧めいたします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

株式会社ネオ リンク
株式会社ネオ

ハクビシン・アライグマ・ネズミなどの害獣駆除に自信あり!
徹底駆除ならネオにお任せ!

プロフィール

やなぎの芽

Author:やなぎの芽
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR